So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

井上ひさしさん 西鶴で文楽の新作 豊竹咲大夫さんと約束(毎日新聞)

 劇作家、井上ひさしさん(4月9日、75歳で死去)が1年前、文楽大夫の豊竹咲大夫さん(66)と新作を書く約束を交わしていたことがわかった。約束では来年、西鶴を題材にした作品を発表する予定で、咲大夫さんは「残念の一言に尽きます」と大劇作家の早過ぎる死を惜しんでいる。

 昨年6月15日、東京で行われた日本芸術院賞の授賞式で咲大夫さんは井上さんと初めて会った。井上さんはモリエールの「守銭奴」を基に義太夫「金壺親父恋達引(かなつぼおやじこいのたてひき)」を72年に発表。ラジオやテレビで放送された。咲大夫さんも出演していたことを告げると、井上さんはびっくり。咲大夫さんが「文楽の新作を書いてください」と頼むと「2年先ぐらいなら書きます」と快諾。咲大夫さんがさらに「西鶴の作品は文楽にないので、何か西鶴で」と言うと、「そうですか。西鶴を勉強し直してみましょう」と話したという。

 翌16日、咲大夫さんが「2年先をお忘れなく」とファクスすると、井上さんから17日、返信のファクスが届いた。「二年先をめざして、西鶴その他を勉強しなおして、笑って笑って、しまいには泣くような物語と、力強くてしなやかでリズムに豊(と)んだ日本語を実現できるようがんばります」などと意欲あふれる文章がつづられていた。

 咲大夫さんは国立劇場とも相談し心待ちにしていた。そこへ突然の訃報(ふほう)。「びっくりしました。永六輔さんは『井上さんはそんなファクスはめったに送らない人だ』とおっしゃっています。作品は幻になってしまいました」とファクスを大切に保存している。【宮辻政夫】

【関連ニュース
<関連写真特集>追悼:いのうえひさしさん
<関連記事>時代の風:井上ひさし氏に思う=東京大教授・加藤陽子
<関連記事>今週の本棚:追悼・井上ひさし特集(その1) 山崎正和・評
<関連記事>今週の本棚:追悼・井上ひさし特集(その2止) 丸谷才一・評
<関連記事>今週の本棚・この人この3冊:井上ひさし=栗山民也・選

故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
リハビリを考える議員連盟が15日に発足―民主党(医療介護CBニュース)
大島元会長を任意同行 親族会社に資産流出の疑い 警視庁(産経新聞)
<南アW杯>名古屋は42.8% 瞬間最高視聴率(毎日新聞)
横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)

新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)

 長崎県の野口健司県議(46)(自民党)の事務所が、県から受け取った九州新幹線長崎(西九州)ルートの保守点検基地建設予定地の地図と引き換えに、自民党長崎県連のパーティー券(1枚1万円)を購入するよう支持者に頼んでいたことがわかった。

 野口県議は「自分の指示ではないが、不適切だった」と謝罪。県は「地図を渡したのは問題。反省したい」としている。

 県によると、予定地は大村市竹松地区。2008年に地区名は公表されているが、今年度から買収交渉に入るため、より詳細な予定地の地図を作製。4月8日、地元への説明として、職員が同市の野口県議の事務所を訪れ、地図を示して概要を説明した。地図はその場で野口県議に渡した。

「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
近鉄子会社の粉飾決算、前社長を特別背任罪で告発(産経新聞)
沖縄負担軽減、橋下知事提起も近畿知事ら難色(読売新聞)
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴(産経新聞)

放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る? −環境省(時事通信)

 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で2008年以降放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、産卵しているとみられていたペアの雄が9日、卵を巣の外に捨てた。その直前に飛来したカラスが巣の中をつついており、その際に卵が割られた可能性もあるという。環境省は「このペアは巣から離れており、卵のふ化は難しくなった」としている。
 同省によると、このペアは08年秋に放鳥された4歳の雄と、09年秋放鳥の1歳の雌。同日午前5時50分ごろ、カラスが巣に飛来、約5分間巣の中をくちばしでつつき、同6時40分ごろ、巣に戻った雄が卵の殻を捨てた。
 このペアは4月12日ごろから、雄と雌が交代で卵を温め始めた。しかし、雌は今月2日から、巣から長時間離れるようになっていた。 

【関連ニュース
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア
放鳥トキ、再び産卵か=新たなペアも確認
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も
「連携不足で被害拡大」=トキ襲撃で報告書案
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る

<鳩山首相>日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)
<巻機山>男女5人を救助 新潟・群馬県境の遭難(毎日新聞)
全日空商事元社員を逮捕=架空取引で9000万円詐取容疑−警視庁(時事通信)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)
鳩山首相と小沢幹事長に「辞任要求」 「1年生」横粂議員たった一人の反乱(J-CASTニュース)

【暗流独法「仕分け」】万博機構、存廃が焦点(産経新聞)

 27日午後の事業仕分けでは、万博記念公園(大阪府吹田市)を運営する「日本万国博覧会記念機構」の存廃が大きな焦点になる。機構には基金や有価証券など約400億円にのぼる金融資産があるが、仕分け人側は「有効活用されないのであれば、国と大阪府に返還すべきだ」と主張。存続させる場合にも、公園の活用策や、老朽化した園内施設の整備・更新など、さまざまな課題が浮かんでいる。

 万博機構は平成19年、22年度中に廃止する方針がいったん決められたが、昨夏の政権交代で、事実上凍結状態になっている。

 国が53%、大阪府が47%を出資。土地や建物など固定資産で約1060億円を保有しているほか、年間約29億円の運用資金は借り入れなく賄っており、約400億円の金融資産を蓄財。負債は66億円だけで、国からの天下り理事もおらず、“優良法人”ともいえる。

 大阪府は、公園の土地の所有権と運営権を分離し、運営権の移譲を要望。橋下徹知事は映画テーマパークを誘致する構想を打ち出し、利益の一部を国に渡すことで、国側にも利益があるとアピールしている。

【関連:事業仕分け】
仕分け人、科学批判を封印「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」 内田裕也さんが再び来場
熱気ない「蓮舫劇場」 成果演出に四苦八苦
仕分けられ法人は戦々恐々 「自浄」努力も
「蓮舫きたー」 5社がネット中継 アクセス集中で中断トラブルも
「裸の王様」次に座るのは…

普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)
「もんじゅ」検出器故障…再開時期に影響も(読売新聞)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る−環境省(時事通信)
皇太子さま、奈良入り=復元大極殿を視察(時事通信)
<事業仕分け>都市再生5事業「縮減」 JAXA施設は廃止(毎日新聞)

<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、殺害された岩瀬一美さん(58)の毎月の給料を無職の長男、高之容疑者(30)=殺人容疑などで送検=が管理していたことが分かった。

 一美さんの同僚によると、一美さんは約30年前から豊川市内のガス会社に勤務。次男(24)の会社関係者らによると、給料を管理していたのは高之容疑者で、20万〜30万円の収入から一美さんに5万円、母正子さん(58)に4万円を毎月渡し、残りを自分で使っていたという。

 こうした状態について、次男は会社関係者に「父が兄に強く言えない」と話していた。一美さん自身も親族に「私が言うと(高之容疑者が)怒るんだよ」と困った様子で話していたという。【沢田勇】

【関連ニュース
愛知・豊川の家族5人殺傷:ネット回線再解約が引き金に
愛知5人殺傷:ネット競売で借金300万円 警察に父相談
愛知5人殺傷:家族に強い怒り 長男、執拗に何度も刺す
家族5人殺傷:容疑の長男、以前からトラブル…愛知
殺人:ネット解約され家族5人刺す…父と1歳児死亡 愛知

ホッキョクグマ、道具を使って餌取り 天王寺動物園(産経新聞)
「普天間、5月に決着する」日米首脳非公式会談(産経新聞)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)

男女平等度ランキング、鳥取1位・埼玉最下位(読売新聞)

 東北大の吉田浩教授(公共経済学)は9日、都道府県別の「男女平等度」ランキングを発表した。トップは鳥取県で、最下位は埼玉県だった。

 吉田教授によると、男女平等に関する国際比較はあるが、都道府県別の比較は初めてという。

 調査は、男女平等の先進国として知られるノルウェーの統計局が採用している「男女平等度指数」の推計手法に基づいて行った。都道府県ごとに、女性の大卒者数や議員の割合、給与水準など、9項目について4段階で指数化し、平均値で順位を付けた。

 その結果、働く女性の割合など4項目で最高評価を得た鳥取県がトップ。反対に、男性に比べた女性の給与水準など4項目で最低評価となった埼玉県が最下位に。東京都沖縄県と並び6位。地方別では中国、四国、関西、中部が高く、九州東北北海道が低い傾向が見られた。

 吉田教授は「『かかあ天下』と言われる群馬県が30位になるなど、イメージとは違う結果もあった」としている。

野口聡一飛行士 宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
山崎さん、琴の演奏披露=野口さんは笛、俳句も−首相官邸との交信で(時事通信)
立教大生殺害「情報」、最高300万円懸賞金(読売新聞)
熱気球 渡良瀬バルーンレース開幕 青空にカラフル25機(毎日新聞)
<関西3空港>座長「じゃんけんしてよ」 大阪、兵庫舌戦やまず−−懇談会(毎日新聞)

宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後−国際協力で後継機を・毛利さん(時事通信)

 「スペースシャトルは若者の夢をかき立ててくれた。普通の人でも宇宙に行ける、世界中の人が行けるということを示してくれた」。1992年、日本人で初めて搭乗し、コイの宇宙酔いなどの実験を行った毛利衛さん(62)は、こう振り返った。
 老朽化し、大事故も2回あったシャトルは年内に退役する。日本人の飛行は、7人目の山崎直子さん(39)が日本時間5日夜、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発するのが最後だ。
 ◇実験、作業、滞在へ
 日本人飛行士の活動は、3世代に分かれる。85年に初採用された3人のうち、毛利さんと向井千秋さん(57)は、シャトルでの実験が中心だった。
 3人目の土井隆雄さん(55)以降、若田光一さん(46)、野口聡一さん(44)、星出彰彦さん(41)は、船外活動(宇宙遊泳)やロボットアーム操作でISSの建設作業などに従事。日本実験棟「きぼう」を完成させた。
 ISSでの長期滞在も、昨年の若田さんから始まった。現在滞在中の野口さんは、既にシャトルではなく、ロシアのソユーズ宇宙船に乗った。 

雑記帳 鉄腕アトムが小学校入学式 「特別児童」に任命(毎日新聞)
<行政刷新会議>茂木議員が18公益法人で役員(毎日新聞)
<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)
<完熟マンゴー>「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
介護事業所、報酬不正請求で指定取り消し―兵庫と大阪(医療介護CBニュース)

若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」と陳謝会見 青木氏からの「依頼はない」(産経新聞)

 参院本会議での代理投票問題の責任を取って議員辞職した自民党の若林正俊元農水相(75)は2日午前、国会内で記者会見し、「青木幹雄前参院議員会長がすぐ戻ってくると思って投票ボタンを押した。魔が差したとしかいいようがない。許されざる行為だ。申し訳ありませんでした」と陳謝した。

  [フォト]青木氏の机に手を伸ばす若林氏

 若林氏は3月31日の参院本会議で、NHK予算案の採決の際、席をはずしていた隣席の青木氏の「賛成」ボタンを押していた。本会議では高校無償化法案など10法案の採決が行われた。若林氏はすべて「代理投票」したことを明らかにした上で「青木氏から全く依頼はなかった」と語った。

 議会制民主主義の根幹を揺るがす前代未聞の不祥事だけに、若林氏は議員辞職願を2日午前に江田五月参院議長に提出。その後の本会議で許可された。

【関連記事】
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相

亀井案を容認=「閣内にいるから」−仙谷氏・郵政改革(時事通信)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
<往来危険容疑>線路に2キロの砂袋、特急が急停車 京都(毎日新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
鬼太郎宝くじ1日発売、漫画主人公登場は初(産経新聞)

<虐待>容疑の行司逮捕…3歳長男ける 妻が被害届(毎日新聞)

 自宅で長男(3)の背中をけってけがをさせたとして、千葉県警印西署は29日、印西市若萩1、大相撲行司、小林亮太容疑者(32)を傷害容疑で逮捕した。小林容疑者は出羽海部屋所属の幕下行司で「木村林之助」を襲名している。同署によると「その通りです」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月27日午後5時45分ごろ、同市内の保育園に通う長男の背中をけり、3日間の軽傷を負わせたとしている。同署によると小林容疑者は妻(32)と長女(9)、長男、次男(1)の5人暮らし。妻は「長男が夫の靴下で遊び、その靴下をなくしたので激高した」と同署に被害届を出していた。

 小林容疑者が長男を平手打ちするなど虐待しているとして妻から昨年4月と今年1月にも相談があり、同署はその時には児童相談所に通報。虐待が繰り返されていた可能性があるとみて調べる。

 小林容疑者は大相撲春場所の巡業を28日に終え、宿泊先の堺市の寺にいたところを逮捕された。【黒川晋史】

 ◇「非常に残念」出羽海親方

 小林容疑者は1993年10月、日本相撲協会に採用され、出羽海部屋入り。同年九州場所に「木村保之助」の名で初土俵を踏んだ。07年初場所の幕下行司昇格に伴い、木村林之助に改名した。出羽海親方(元関脇・鷲羽山)は「非常に残念。ごく最近、うわさでは聞いていたが、まさか逮捕されるとは。このようなことが二度とないよう私生活でも指導していく必要がある」と述べた。

【関連ニュース
大阪虐待死:死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述
2歳長男虐待死:母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁
幼児虐待死:夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
児童虐待:親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで

<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
「がんに効く」と製品販売 壮快薬品社長に罰金100万円命令(産経新聞)
自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述−中国製ギョーザ事件(時事通信)
「4・25忘れない」 追悼ウォーク開催(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。